Chromebook S330 のLinuxで、日本語入力とpythonの仮想環境を構築する

USキーボードのChromebookは、あまり選択肢がありません。調べてみると、安くて手に入りやすいのは、LenovoのS330ぐらいでした。S330は、スペックは低くTN液晶のため白っぽく画質もよくありません。しかも、CPUはARM系のため、いろいろな環境を構築するのに少し苦労します。Linuxアプリをインストールしようと思って調べても、検索で出てくるのはx86系での解説が多いです。

しかし、価格は2万円台と非常に安く、ブラウザメインの用途や、軽くLinuxを使う分には問題ないので、Chromebookを安く試してみたい人には良いと思います。

日本語環境を構築

日本語フォントをインストール

sudo apt update
sudo apt upgrade
sudo apt install task-japanese locales-all fonts-noto-cjk
sudo localectl set-locale LANG=ja_JP.UTF-8 LANGUAGE="ja_JP:ja"
source /etc/default/locale

uim-fep と uim-anthy をインストール

Mozcをインストールしたかったのですが、どうしても上手くいかなかったので、anthyをインストールしました。

sudo apt install uim-fep uim-anthy

uimの設定

~/.uimを作成し、以下の内容を書き込み。

変換を、ctrl + space にする場合

.uim
(define default-im-name 'anthy)
(define-key generic-on-key? '("<Control> "))
(define-key generic-off-key? '("<Control> "))

uim-fepの起動確認

uim-fep

uim-fepを自動起動

.bashrcの最後に以下の内容を書き込み。

uim-fep

uim-fepをオフにするには

pkill uim-fep

mete-terminalをインストール

sudo apt install mate-terminal

Cicaフォントをインストール

cicaディレクトリを作成し、wgetでCicaフォントをダウンロードします。

解凍したCicaフォント一式を/usr/share/fonts/に移動した後に、不要になったcicaディレクトリを削除しています。

mkdir ~/cica
cd ~/cica
wget https://github.com/miiton/Cica/releases/download/v5.0.2/Cica_v5.0.2_with_emoji.zip
unzip Cica_v5.0.2_with_emoji.zip
rm Cica_v5.0.2_with_emoji.zip
sudo mv Cica*  /usr/share/fonts/
fc-cache -f -v
rm -r ~/cica

これでmate-terminalでCicaフォントを使えるようになります。

VSCodeをインストール

https://code.visualstudio.com/#alt-downloadsから.deb ARM64をダウンロードします。S330は32bitなのですが、ARM32をインストールしようとするとエラーが出てインストールできませんでした。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると、【Linux (ベータ版)でのアプリのインストール】に進み、インストールできます。

pipとvenvをインストール

pipとvenvがインストールされていないので、インストールします。

sudo apt install python3-pip python3-venv

venvで仮想環境を構築

仮想環境を作成

仮想環境作成したいディレクトリで以下の内容を実行します。

python3 -m venv 仮想環境名

仮想環境をアクティベート

source 仮想環境名/bin/activate

仮想環境を削除するには

仮想環境をdeactivateした後にvenvで作成した仮想環境のフォルダを削除する。

deactivate
rm -r 仮想環境名