【広告】アフィリエイト広告規制に対応する

消費者庁がやっとアフィリエイト広告の規制をやるようです。遅すぎな気もしますが、これで少しは検索が使いやすくなっていくのでしょうか?

このブログを始めた理由は、あまりにもアフィリエイト広告が多すぎて検索が役に立たないから、自分で調べたことを忘れた時に再度調べ直す手間を省くためです。

アフィリエイト広告が規制されたら、ブログを辞めてグーグル検索に戻れる日が来るのかも。

規制の内容

「広告」という文言を、

  • サイト上の見えやすい位置や文の冒頭で示すこと
  • はっきりした大きな文字で掲載すること

が望ましいようです。

アフィリエイト広告等に関する検討会の報告書を読んでいると、まずは、事業者(広告主)へ規制をかけて、広告であることを明示させたいようですね。

重要なことは、消費者が広告であるという趣旨を理解すること

規制の影響

この規制が本格化されたら、アフィリエイターはかなりのダメージを受けるんじゃないでしょうか。アフィリエイト広告も巧妙になってきて、どれが広告か本当に分からないことがありますからね。

私の個人的な感想ですが、アフィリエイト広告自体が悪いのでは無くて、アフィリエイトを利用した嘘や悪質な詐欺広告、情報商材、こちらの方が問題なのだと思います。詐欺広告や情報商材に利用される例が多すぎて、アフィリエイト広告自体を規制するしか方法がなくなったのかな、という印象です。

出来れば、ナンバーワン広告も規制して欲しいですけどね。

このブログへの影響

アフィリエイト広告規制によって受けるこのブログへの収益面の影響は、ほぼ無しです。アフィリエイト収入なんて、ほとんどありませんからね。たまに、紹介した本を買ってくれているのかな?っていう程度です。額でいうと年間1,000円前後です。サーバー代にすらなりません。

グーグルのアドセンスは、2年間で未だに振込可能額に達していないので、手にした金額は0円。コンピューター系のブログはアドセンス広告のクリック率が低いというのを実証できました。

このブログの今後

今後アフィリエイト広告への規制が強化されて、対応に時間が取られるようなら、ブログを閉鎖しようかな、と考えています。もともと収益が無いのに、過去に書いた記事を改修していくなんて時間の無駄でしかありません。

そもそも、IT業界とは無縁で会社のホームページすら無いような、プログラミングど素人のおっさんが調べたことを知りたいか?このブログに何を見に来てるんだろう?いつも疑問に思っています。SNSも全くやってないし、初心者とつながりたいとも思っていないので、常にコメント欄はオフです。

また、40代から未経験でプログラミングを勉強したからといって、IT業界に就職はできないと思っています。どの業界でも40代で未経験のおっさんなんて、採用したくないでしょう。専門的な知識が必要な分野ならなおさらです。ただ、プログラミングは趣味でやっていると、結構楽しいです。面倒なことも多いですが。フロントエンドは特に面倒で、これから続けても出来るようになるとは思えません。おっさんはめまぐるしい変化に対応できないんです。

このブログを始めた当初は、WordPressの使い方すらわからない状態でした。プログラミングの勉強方法も、動画や学習サイトを利用したことはなく、文字情報のみ(8割書籍、2割検索)、完全独学でしたが、簡単なWebアプリなら作成できるようになりました。ただ、Webアプリって公開することを前提に作成すると、すごく難しいと感じています。

ブログもアプリも、公開するとすごく難しくて面倒です。ブログは著作権が、アプリはセキュリティが、一番の問題です。自分が使うだけなら、もっと自由で楽に便利なものを作成できるんだろうなという感じです。お金にはなりませんが。

ブログの書き方も、Pythonの使い方も、アフィリエイトの仕組みも、なんとなく分かってきたので、私の中でこのブログの役目もそろそろ終わりかな、と感じている今日この頃です。

その後

広告を貼っているページはタイトルの先頭に【広告】と表記しました。

無駄に広告を貼っていたページは、アフィリエイト広告を削除して、パスワード保護ページに変更しました。

アフィリエイトもアドセンスも、ほとんど収益化出来てなかったので、これでヨシッ!