WordPressテーマ【STORK19】を使うとSEO初心者でも検索で上位表示される

アフィリエイトに力を入れておらず収益もほぼない状態で、クローズドASPから招待メールをいただきました。アフィリエイトとSEOの初心者が招待される理由がよく分からなかったので、何故招待されたのか自分なりに分析してみました。

クローズドASPとは

クローズドASPとは、一般には公開されていないASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)のことで、基本的には招待されることで登録できるようです。審査なく誰でも登録できるA8.netもしもアフィリエイトといったオープンASPとは違い、登録の審査は厳しめです。

招待されるには

  1. スーパーアフィリエイターであること
  2. ブログが検索で上位表示されること

招待されるには、この2つのどちらかが要件になるようですが、私は明らかにスーパーアフィリエイターではありません。アフィリエイトは超初心者なうえ全く力を入れていないため、収益はほとんどありません。その収益も最低振込金額に達していないため、今までに手にした金額はゼロです。

となれば、このブログが検索で上位表示されていたとしか考えられません。しかし、私は積極的なSEO対策は何もしていません。SEOってすごく難しそうだし、趣味で始めた雑記ブログなので検索での上位表示を目指していませんでした。SEOに関しては、入れた方がいいと書かれていたAll in One SEOを、なんとなくインストールしただけで設定すらしていません。

また、TwitterなどのSNSは何もやっていないのでSNSからの流入もありません。

SEO対策をしていないのに、この記事が発見されるぐらい検索で上位表示されているならば、考えられる要因はWordPressテーマのSTORK19以外には考えられません。おそらくテーマの内部SEOが優れているのだと思います。そこで、STORK19の何がいいのか改めて調べてみます。

STORK19はデザインがいい

ブログを始めたときは、Lightningという無料のWordPressテーマを使っていました。なぜLightningを使っていたかというと、最初に読んだWordPressの本で解説されていたのが、Lightningだったからです。

本の内容自体は初心者にもわかりやすく説明されていて良かったのですが、Lightningはデザインもシンプルで、なんとなく企業サイトっぽくなってしまうのが不満でした。初心者なので設定を細かく変更する知識もありません。そこで、デザインが気に入れば有料でもいいかなと思うようになり、STORK19に出会います。

STORK19のお気に入りポイント

  • 初期設定が楽
  • 文章を装飾するのが楽しい
  • 読みやすいデザイン
  • モバイルファースト
  • 表示速度が速い
  • 追加プラグイン等の費用がいらない
  • 買い切り型で11,000円(税込)

初期設定が楽

初心者がWordPressを使うときに最初につまずくのが、サイトの初期設定です。細かく設定できるのはいいのですが、最初のうちは何をどう設定すればいいのかよく分かりません。

STORK19は、その初期設定が楽で最初にある程度設定されています。私が設定したのは、

  • ロゴ画像
  • トップページの画像
  • サイトカラー

ぐらいです。しばらくたってから、アイキャッチ画像のラベルがいらないなと思い追加CSSでラベルを表示しないようにしました。

追加CSS
.osusume-label {
display: none;
}

細かく設定する場合でも、ホームページに項目ごとの設定方法が詳しく書いてあるので調べやすいです。

装飾が楽しく読みやすくなる

文章を簡単に装飾できるようになります。ラベルマーカーも数種類の色からすぐに選べますし、STORK19BLOCKSから関連記事やボックスの挿入もクリックするだけです。

装飾が楽なので、文章を読みやすいように強調したり、変化をつけることも簡単にできるようになります。

とことんモバイルファースト

レスポンシブウェブデザインでつくられたSTORK19は、スマホでの見やすさ・機能・デザインにこだわったモバイルファースト設計!導入してすぐにスマホに最適化されているので、これからのメディア設計に最適です。

引用:https://open-cage.com/stork19/

STORK19のコンセプトにもあるように、モバイルファースト設計です。モバイルファーストだと何がいいかと言うと、スマホで見やすくなるだけでなく、Googleの検索順位はスマホサイトをもとに評価しているため、検索で上位表示されやすくなるようです。

モバイルファースト設計だから、このブログも特にSEO対策をしていないのに、検索で上位表示されているのだろうと予想しています。

https://developers.google.com/search/mobile-sites/mobile-first-indexing

表示速度への対応

サイトの表示速度改善にも取り組んでいます。

最適化した内部の構造と設計により、可能な限りの軽量化。サクサク表示されるサイトを目指します。

また、ver2.1よりAMPプラグインをサポートしていますのでAMP対応が非常に簡単です。

引用:https://open-cage.com/stork19/

サイトの表示速度もSEO対策には重要です。SEO対策だけでなく、表示速度が速いと記事が読まれる確率もあがります。

https://webmaster-ja.googleblog.com/2018/01/using-page-speed-in-mobile-search.html

買い切り型で11,000円

予算は10,000円前後で探していたので、STORK19はちょうど予算内でした。最初から高いテーマを使ってもブログをいつまで続けるかわからなかったし、カスタマイズをする知識もないので値段の高いテーマを買うことにはためらいがありました。自分の中でデザインと値段のバランスがちょうどいいのがSTORK19でした。

また、テーマによっては追加プラグインが有料だったり、最終的に当初の予定よりも値段が高くなってしまうものもあります。その点、STORK19は一度買ってしまえば他に追加費用がかからないのも魅力的なところです。

STORK19のいまいちなところ

STORK19は、すごくいいWordPressテーマなのですが、いまいちなところも若干あります。

  • 利用は1回の購入で1サイトだけ
  • しばしば更新される

利用は1回の購入で1サイトだけ

1回の購入で1サイトにご利用可能です。※1

当サイトで提供しているテーマは日本語向けに製作されたものとなります。(英語サイトなどに完全に適用するにはファイルのカスタマイズが必要になります)

本テーマは主要ブラウザにて動作確認していますが、100%の表示保証、動作保証はできませんので、十分にデモサイトをご確認になり納得の上でお申し込みください。(CSS3を使用していますので、Internet Explorerでは見え方が異なる場合があります)

※1. テーマ内のPHPファイルはGPLライセンスです。画像やCSSファイル、JavaScriptファイルは独自ライセンスとなりますので、それらをコピーして別サイトとしてご利用いただくことはできません。

引用:https://open-cage.com/terms-of-use/ ご利用規約

利用規約にあるように、1回の購入で利用できるのは1サイトだけです。そのため、複数サイトでSTORK19を使う場合は、サイトの数だけ購入しなければいけません。

複数サイトを運営する人にとってはデメリットでしょうが、私は1つのブログしか運営していないので、それほどデメリットだとは思っていません。

しばしば更新される

個人的にSTORK19でいまいちなところは、このしばしば更新されるということです。更新があること自体は、よくメンテナンスされていて不具合の修正や新しい機能が加わるという面では、すごくいいところだと思います。

ただ、問題は仕様が変更される場合です。仕様変更なのでバグとは違い修正されることはありません。私にWordPressの知識があれば元の設定に戻すことも簡単にできるのでしょうが、WordPress初心者なので設定を戻す方法を調べるのにすごく時間がかかります。

アイキャッチ画像の表示方法の変更

最近の更新で困ったのは、このアイキャッチ画像の表示方法が変更されたことです。

更新情報を読んでみると、特にカスタマイズをしていない場合は、見た目上の変化はありませんと書いてあります。カスタマイズする知識もないのでカスタマイズしていませんが、実際のアイキャッチ画像ではトリミングされて画像の端がカットされていました。

WordPressはもちろんCSSの知識もないので、この説明では何をしたら元の設定に戻せるのか全く分かりません。なんとなくCSSのobject-fit:cover;を変更したらいいのかなと見当をつけて調べてみますが、なかなか上手くいかなくて調べるのにすごく時間がかかります。

追加CSS
.eyecatch.of-cover img {
	object-fit: contain;
}

最終的に、追加CSSに上のように記述すると、アイキャッチ画像がトリミングされず全体表示されるようになりました。

アイキャッチ画像に文字を入れるなら、できるだけ中心に少しだけ入れる方がいい、ということを知ってはいたのですが、文字を入れた方が自分で見たときにわかりやすいので、がっつり文字を入れています。そのため、多少画像のまわりに余白ができたとしても、全体表示させたかったのです。

STORK19は書くのが楽しくなる

WordPress初心者がゆえのデメリットもありますが、それ以上にSTORK19を使うことのメリットの方が多いです。ブログを書くのに下書き等は必要なく、そのまま装飾しながら書けるので時間短縮になります。また、ブロックエディタなので段落の順番を入れ替えたり校正も簡単にできます。

デザインと時間短縮でブログを書くのが楽しくなり、結果的に継続できるようになります。継続していると記事数も増えてきて、記事同士の内部リンクが増えてくるのでSEO対策にもなります。

ブログがいいサイクルで回るようになるのがSTORK19の最大のメリットだと思います。

初心者でも検索上位表示を狙える

私が最初の記事を投稿したのは2020年8月で、クローズドASPから招待メールが届いたのは2021年6月でした。招待メールが届いた時点での投稿数は59記事です。11か月で59記事なので、1週間に1記事から2記事と作成頻度は低い方です。

このようなすごく少ない記事数ながらも私が1年近くブログを継続できたのは、STORK19を使っていたからです。有料のWordPressテーマに変えたため11,000円というお金は使いましたが、出した金額以上の経験と知識は得られたので、非常に満足しています。

ブログ初心者でもクローズドASPから招待メールが届くぐらい、検索で上位表示されるようになったのは、自分の力以上に、

  1. モバイルファースト
  2. 表示速度が速い
  3. 挫折しにくい初期設定
  4. ブログを書きやすいデザイン

こういったSTORK19の設計のおかげだと感じています。

ブログ初心者でWordPressのこともSEOのこともわからない。だけど、検索で上位表示を狙いたいという方は一度STORK19を使ってみることをおすすめします。