【広告】算定基礎届の電子通知書が表示されない原因はブラウザ

算定基礎届を電子申請して、電子通知書を受け取りましたが、ファイルの開き方がわかりません。PDFで送られてくるものだと思っていたら、XMLファイルなんですね。

XMLファイルならChromeなどのブラウザで開けばいいか、と思っていましたがChromeで開いても何も表示されません。そこで、色々調べていると、算定基礎届の電子申請ってどこまでもクソな仕様だなということが分かりました。

結論から言うと、Windowsで電子通知書の内容を表示する一番簡単な方法は、IEで開くことです。Macは知りません。

IEって知っていますか?Internet Explorerっていうブラウザです。すでにサポートが終了している、あのInternet Explorerです。

ブラウザはMicrosoft Edge

サポート切れのIEなんて使いたくないよ、という場合は、Microsoft Edgeを使います。

XMLファイルを開く

まずは、ダウンロードしたzipファイルを解凍します。解凍すると、中に、

  • 7130001.xml
  • 7130001.xsl

という、2つのファイルがあると思います。拡張子を表示していないと、ファイルの区別がつきにくいかと思いますが、開くファイルはxmlの方です。

分からなければ、2つともブラウザで開いてしまっても問題ありません。IEで開けば中身が表示されます。

Edgeで開けば、何も表示されない方がxmlファイルです。

このxmlとxslは、2つでワンセットなので、2つとも同じフォルダに置いておく必要があります。xmlは通知書データの本体で、xslは書類としての見た目を整えるスタイルシートです。

Edgeの設定

  • まずは、7130001.xmlをMicrosoft Edgeで開きます。
  • 設定をクリック
  1. 既定のブラウザーをクリック
  2. Internet Explorerモード(IEモード)でサイトの再読み込みを許可の項目を【許可】にする
  • 開いている7130001.xmlの画面で、Internet Explorerモードで再読み込みするをクリック

これで、今まで紙で通知書を受け取っていた方にはおなじみの、健康保険・厚生年金保険被保険者標準報酬決定通知書の画面が表示されます。

あとは、印刷するなりPDF化するなりして、保存しておきます。

以上で完了です。

これって、算定基礎届を電子申請するときに、「紙の通知書を希望する」の項目にチェックしておいた方が、楽なんじゃないの?

電子申請は、最初から最後まで、やり方を調べるのに時間がかかりすぎなんだよ。IT化して余計に手間と時間がかかる。